太陽光発電を取り入れる?迷ったときには…

太陽光発電ってどんなもの?

太陽光発電とは、自宅の主に屋根に太陽光発電のパネルを設置することで自宅の電気をそこで作ることのできる状態になることです。今まで通りの電気の契約をしたままで問題なく、太陽光で足りない分の電気は今まで通りに買うことになります。なので実際は、屋根の上にソーラーパネルがのる以外に変わることは殆どないということになります。部屋の中にはソーラーパネルの発電状況が確認できるタブレットが置かれ、消費電力などがリアルタイムで確認できます。夏場は発電量が多くなるので、家で使わないものについてはその都度、電気会社に売電することとなります。なので、夏場になると電気代を払わず、逆に収入を得ている家庭もあるのです。そのため、太陽光発電はもとを取ることができると言われていますが、将来的に自宅近くに大きいビルが建つ場合などにはおすすめできないでしょう。

太陽光発電のある暮らし

太陽光発電があると、晴れている日などに太陽光の有効活用ができます。また、今までよりも電気のことを気にしないで電化製品を使うことができるようになります。際限なく使ってしまうのはよくありませんが、特に夏場は売電が多くなることがほとんどですので、少し気持ちが楽に冷房を使うことができます。冬場は売電量が少なくなってしまいますが、年間の電気使用量は確実に少なくなっているでしょう。また、冬場に注意しなければならないことがあり、積雪量が多い地域限定でのことですが、ソーラーパネルの上に雪が乗ると滑って落ちてきやすくなります。屋根に雪がたまらなくてよいのですが、落ちやすいので注意しましょう。

住宅用太陽光発電の価格は100万から200万円が相場です。電気を生み出すソーラーパネルに加え、機器類、工事費、書類申請などの諸費用がかかります。