実現したいアイデアがある場合は自営業を始めましょう

アイデアを実現できないのはもったいない

仕事をしている中でふとアイデアが思い浮かぶことがあるでしょう。そのアイデアを勤務先の会社で発揮しても良いですが、自営業で発揮する道もあります。会社に勤務している場合は一人の従業員として仕事に取り組むだけですが、自営業の場合は自身が経営者となって全て考えながら取り組むことができるため、自由に行動できます。また、経営者となるので従業員として働いていた場合よりも高収入になれるチャンスがあります。もちろん、自営業なので自分から取引先の企業や顧客を見つけなければなりませんし、運転資金が必要なのでリスクがあるのは事実です。しかし、アイデアを企業で発揮するだけだったり、実現しないままだったりではもったいないので、自営業という選択を視野に入れましょう。

自営業で始めるためのポイント

自営業で商売を始める場合のポイントは、まずアイデアを実現した場合にどれくらいの売上と利益があるのかを計算することです。全く売上と利益が見込めないアイデアであれば、自営業をスタートさせたとしても先行きが不透明ですし、商売を続けられるかどうかわからないのでリスクが大きいです。そこで、事前に売上と利益についてリサーチした情報を参考にして算出します。また、どのようなビジネスを展開していくのかについてもしっかりと検討する必要があります。これらは金融機関からの融資を受けたい場合、明確にしておくべきことなので自営業で始める場合は考えなければなりません。大変ですが、経営者になるわけですからやり遂げる必要があります。

営業のノウハウの提供に対してそのブランドを損なわないように営業をなすことによって対価を得る約束により成り立つ契約をフランチャイズ契約という。