働く人に大切な「心の健康診断」!ストレスチェックを知ろう

ストレスチェックって聞いたことがありますか?

ストレスチェックという言葉を聞いたことがある人は、結構多いと思います。仕事をしている人ならもう体験したという場合も多いでしょう。
このストレスチェック、言い換えれば「心の健康診断」です。健康診断は、多くの人が職場や地域で年に1回受けていて、馴染みがあるでしょう。体調をチェックする健康診断と同じように、心の調子をチェックしておきましょうとの試みが、ストレスチェックなんです。
法律で実施が決まったので、働く人を中心に受診する人は増えており、今後よりポピュラーになっていくはずです。

ストレスチェックは実際どんなことをするの?

実際のストレスチェックはどう行われるのでしょう。
大きな企業では、社内に在籍している勤務医・保健師・看護師らが担当になります。勤務医のいない職場なら、会社指定のクリニックへ出向いて、そこの医師らに診てもらうことになります。
健康診断と違い、レントゲンを撮ったりはしません。医師らと面談し、日々の心の動きについてチェックシートに答えたり問診をしたりします。その結果から、自分が普段どんなことにストレスを覚えどう対応しているのかを自覚してもらい、心の健康に役立てるのが目的です。
準備いらずで簡単に受けられるんです。

社員教育でもあるストレスチェック

健康診断では「少し太り過ぎですよ」といったアドバイスを受けますよね。同じことを心の健康でもやろうと、この制度は始まりました。
職場にはストレスがつきもので、誰しも多かれ少なかれストレスを感じながら働いています。社員がストレスと上手に付き合えるよう、社員教育の一環としてもストレスチェックは大切なんです。
始まって間もないですが、誰にもプラスになる制度です。健康診断とセットで受診し、心身の健康に役立てていきたいですね。

古い体質の企業では社員教育は新入社員にとって苦痛でしかありませんが新しいグローバル企業では遊び心を持った興味のないものに興味を持ってもらえる教育を心がけています。