確定申告するなら青色申告の65万円控除を目指そう!

今さら人に聞けない!確定申告って何?

確定申告とは、個人事業主などが1月1日から12月31日までの1年間に得た収益から、使った費用を差し引き、どのくらいの利益が出たかを税務署に申告する手続きのことです。

サラリーマンやOLさんでも、給与以外で年間20万円を超える所得があった場合などは申告が必要です。

確定申告しないとどうなるの?

確定申告しないと、本来納めるべき税額に加えて、無申告加算税を支払わされることがあります。また、申告が遅れると、申告期日から申告書を提出した日までの日数に応じて、延滞税を支払わなければなりませんので注意しましょう。

3種類ある確定申告の仕方

確定申告の仕方には青色申告と白色申告があります。さらに青色申告には65万円控除と10万円控除の2週類があります。

最も節税効果が高いのは青色申告の65万円控除です。残念ながら白色申告には何のメリットもありません。

メリットたくさんの青色申告

青色申告では最大65万円を所得から差し引くことができます。所得税の節税になるばかりでなく、所得を基準に計算される住民税や国民健康保険税にも影響します。その他にも白色申告にはない数々のメリットがあり、特に個人事業主の方にはお勧めです。

青色申告デビューしよう!

青色申告の65万円控除を受けるには、複式簿記での記帳と青色申告決算書の作成が必要です。

難しそうに思うかもしれませんが、心配することはありません。市販の会計ソフトを使えば、簿記の知識がなくても、日々の記帳から決算書の作成まで簡単にできます。

また、最近の会計ソフトは初心者でも楽に操作できるように作られていますし、プロ使用の本格的なものでなければ安価で購入できます。

どうせ確定申告するのですから、皆さんも青色申告の65万円控除を目指しましょう!

事業、不動産、山林での所得がある人達が対象で、年に1度、その所得金額と税額を正しく計算して納税する制度が青色申告です。書類提出が基本ですが、最近ではネット上でも提出出来るようになりました。