社内SNSで築く新しいコミュニケーションスタイルとは?

社内SNSとは!手軽で便利!複数人同時連絡可能!

社内SNSという言葉を耳にする機会が増えてきましたが、いったいどのようなものなのでしょうか。社内SNSとは同じ社内限定で使用する伝達手段です。パソコンやスマートフォンから、同じ部署の人や同じプロジェクトを進めているグループに対してコミュニケーションをとることができます。仕事の進捗状況の把握や連絡事項の伝達の速さが、パソコンメールより優れている理由から活用する企業が増えてきました。

円滑なコミュニケーションが業務の効率を向上させる!

社内SNSを用いることで、必要な情報をタイムリーに関係者に連絡できます。そうすることで関係者は次の業務へのスタートが早くなります。また良いアイデアが浮かんだ際に、次の打ち合わせを待つまでもなく社内SNSで簡単にアイデアを投稿できます。するとそれを見た人がすぐにそのアイデアに対しての反応をくれます。以前は相互のやりとりをスムーズにおこなうことは、相手の環境やスケジュールで大きく左右されるものでした。ですが、そうしたところを社内SNSは見事に解決してくれます。

社内SNSサービスの一例!

社内SNSのサービスは、たくさんの種類があります。一例を挙げると、無料通話機能。日報投稿機能。タスク管理などさまざまです。電話代金も会社の費用と一つです。それを無料で使えるのは、大変うれしいサービスです。また日報は従来はパソコンで入力したものを紙で出力し、それをファイリングして管理するものが一般的でした。ですが、その場合処分しない限りそのファイルは増え続ける点と日報の内容を関係者にタイムリーに共有できない点がデメリットでした。タスク管理も、いちいち上司に電話して確認する必要がありません。共有のタスク管理を確認すれば一目瞭然です。

社内SNSとは、会社において社内の限定したコミュニケーションツールです。個人同士のやり取り、複数の人が同時に情報交換を行うことができる。社内限定なのでセキュリティ面で安心という特徴があります。