タイムカードアプリを利用する

勤怠管理を、手計算や表計算ソフトで管理している中小企業や店舗も多いです。人の手による集計だと、時間がとてもかかります。それに懸命にした集計に、間違いがあることもあります。

また、社員の出社・退社時にタイムカード前は大いに混雑します。従来までのタイムカードなら、不正打刻の心配もあります。また、押し忘れてしまう社員や従業員もいるでしょう。

この勤怠管理の悩みを解決できるのがタイムカードアプリです。有料のものもありますが、オプションを機能を利用しなければ無料です。タイムカードアプリは従来のタイムカードをアプリにして利用できるようにしたものです。

タイムカードアプリのメリット

勤怠管理は経営者や人事担当者にとって、頭を悩ませる問題です。タイムカードを使用している会社もまだまだ多いですが、最近はタイムカードにもペーパーレス化が進んでいます。タイムカードアプリは従業員の勤怠管理が当然できますし、稼働時間や残業時間を把握できるものがほとんどです。給与計算をできるものもあります。

タイムカードを利用すると、この勤怠管理の手間を減らすことができます。作業を効率化して担当者の負担を軽減できるでしょう。

アプリで管理するため、不正打刻の心配もありません。社員にとっても、タイムカードを押しに行くことなくスマートフォンから打刻ができるため社員の手間も減らせます。

タイムカードアプリの注意点

ただし、タイムカードアプリが自社の就業体制にマッチしていないと、利用しづらいものとなります。シフトやスケジュール管理など自社の就業規則に適合したものを選択する必要があります。

それに、セキュリティの確保ができていないものは情報漏えいの恐れもあるために利用するのは控えたほうがいいでしょう。

タイムカードアプリを使う事によって、スマホやタブレットでいつでも何処でも入力が可能になります。また、導入金額もいらないのでコストカットも出来ます。